ブログ

Oxford comma

Posted on February 27, 2016 by proedit

Oxford comma、これは Serial comma のことですが、3単語以上が連なった時、最後から2番目の単語に続く ‘and’ の前におかれるコンマのことを指します。
Screenshot 2016-02-18 18.48.18

このコンマについては、オプショナル、あるいは間違っているという意見(例えば、新聞では使われないケースが多いようです)が多々あるなか、ニューヨーカー誌では、原則使用となっているようです。NEYWORKER.COM/VIDEOで、この Oxford comma についての短いビデオが閲覧できます。 簡潔ながらわかりやすい説明でおもしろかったのでここで紹介させていただきます。

まず、こちらがその動画 “Comma Queen” なのですが、彼女は、Oxford comma は曖昧さを避ける (“prevents ambiguity”) ために必要だといっています。

Screenshot 2016-02-18 18.47.48

例えば、次の一節のある部分では
Screenshot 2016-02-27 12.51.36

ここでコンマをいれることにより、”engineer” and “military commander” が “parliamentarian” の定義のように取られてしまう可能性を回避した、と言っています。似た例でいうと、

“I found my cats, Michael, and Tom sleeping together in my bed.”

“I found my cats, Michael and Tom sleeping together in my bed.”

…コンマがないと、猫たちとマイケルとトムが私のベッドで寝ていた、のか、猫のマイケルとトムが私のベッドで寝ていたのかがはっきりしません。

ではどんな時にOxford commaが好まれるかというと、例として、Robert Frost の詩の一節から、
Screenshot 2016-02-27 12.49.11
ここでは、書き手が意図的に、serial comma を省いています。これにより、in what way woods are lovely (‘dark and deep’) なのかが伝わってくる、ということです。つまり、lovely、 dark、 deep は3語ではなく、lovely、dark & deep の2語という扱いがされているわけです。

結論:”If you don’t want to use the serial comma, save it for some time when it really means something, when it really makes a difference.”


バイオサイエンス分野 英文校正 • 医学翻訳 のPEJブログより
ページトップへ戻る